C:ドライブ容量不足

029-878-3953 パソコン修理 pcQ援隊

ホーム  C:ドライブ空き容量不足

茨城県・つくば市・土浦市・牛久・龍ヶ崎・取手・つくばみらい・守谷・ 阿見・稲敷

C:ドライブ容量不足 トラブルは、pcQ援隊

★中古ゲームPC在り ★win11へのグレードアップ受付
 win10 サポート終了:2025年10月14日  

パソコン修理 パソコン修理に必要な物 マスコミ取材 プロフィール

データ復旧 パソコン初期化・リカバリ 液晶(LCD)修理 キーボード交換

ハードディスク交換 メモリー増設 パソコンが起動しない ウィルス駆除

パソコン重い ネット接続 データ移行 データバックアップ

パソコン廃棄 Cドライブ空き領域不足 パソコン販売 パソコン修理事例

パソコン修理・申込フロー パソコン修理費用 お客様の声 よくある問合せ

アクセスMAP 出張エリア

営業時間 AM 10:00〜11:30 PM 14:00〜18:00 pcQ援隊 オフィス

5月休み:3日〜6日

4月休み:21日,28日

代表のメッセージ
前川 義一

 C:ドライブの容量不足を
 探して頂き、ありがとうございます。

 専門用語に頼らなくても理解できる、
 笑顔の会話でトラブルを解決し、
 お客様に喜んで頂ければ、幸いです。

C:ドライブ容量不足・修理 予約

ご注意
  予約が必要です。 予約無しの場合、不在があります。

メール問合せフォーム
 電話 029-878-3953(留守電:24時間受付)
 FAX 029-878-3956

依頼方法(3種類)

持込み:店舗(事務所)へ、持込む。
  場所:アクセスMAPを参照

出張訪問:自宅又は事務所へ訪問します。
  出張対象エリアを参照

宅急便送付:宅急便の利用が可能
   申込みフローを参照

注意事項

お約束
 ●パソコン修理に関するお問い合わせやご相談をされた方へ
  一切売り込みをしません。

 ●満足されない場合、料金を減額又は全額返金します。
  但し、お客様責任による過失・トラブル等を除く。

パソコン修理に必要な物(必要な付属品と資料)

C:ドライブ容量不足とは

Cドライブの空き領域が、限界を超えて少なくなると
警告メッセージが出たり、ドライブの表示色が、
青色 → 赤色へ変化します。

この警告は、「このまま放置するとパソコンが
正常に動作できなくなる。」との表示です。

C:ドライブの容量不足トラブ

1、必要な空き容量とは
 C:ドライブの全容量の約25%以上。

2、容量不足の原因
 パソコン使用の年月の経過に伴い、
 下記作業の継続によって、扱うデータ量が自動的に増え
 空き領域が、不足する事態に至ります。

 ●プログラム(ソフト)のインストール
 ●データ作成や写真、音楽データの取り込み
 ●Windowsやセキュリティソフトのアップデート

3、空き容量が不足すると どうなる?
 次のようなトラブルが発生します。
 ●プログラム等の追加が出来なくな。
 ●Windowsその他のアップデートが不可能。
 ●動作が非常に遅くなる

恒久的にC:ドライブ 空き容量を増やす方法

1、恒久的な対策
 自分の手に負えないと判断したら専門業者への依頼を
 オススメします。

2、D:ドライブ領域に余裕がある
 パーテーション変更によって、Cドライブ の
 空き領域を増やすことができます。

3、D:ドライブの空き領域が無い
 C:、D:の合計容量が小さな場合、
 ハードディスク(HDD)交換で合計容量を増やす
 必要があります。

無駄になりがちな対策

「空き領域が不足」のメッセージを見て、ビックリ!
1、対策を行います。
 ●ディスククリーンアップ
 ●不要データの削除。
 ●データをDドライブに移す。

2、しばらくすると
 再び「空き領域が不足」のメッセージが表示され
 トラブル解決にならず、困ってしまいます。

3、更なるトラブルの誘発
 もっと不要データを減らそうと、
 誤って、消してはいけないプログラムを削除する。
 余計な事をして、パソコンを壊す事さえあります。

空き容量の確認方法

次の手順で操作すると表示された画面から
使用領域(青色)と空き領域(赤色)が確認できます。
1、マイコンピューターの画面を開く
2、ドライブ C を右クリックし、「プロパティ」をクリック。
3、次に「全般」タブをクリックします。

ハードディスクの構成とは

データ記憶デバイスのハードディスクは、
次の通り、二つの領域に分かれているのが、一般的です。
 ●C:ドライブ (ローカルディスク (C:)
 ●D:ドライブ (ローカルディスク (D:)

C:ドライブとは

1、空き容量の傾向
 扱うデータ量が自動的に増えて行くので、
 空き容量は、自動的に減少して行きます。

2、保存対象のデータ
 パソコンを動かすプログラム(ソフト)及び
 プログラムで使用する、下記のデータ等。
 ●Windows OSと各種のプログラム(ソフト)
 ●ユーザーデータ(マイ ドキュメント、マイピクチャ等)
 ●メールの送受信データ
 ●年賀状の住所録

D:ドライブとは

1、空き容量の傾向
 空いたままの状態が、一般的です。

2、保存対象のデータ
 ユーザーが操作しない限り、データ等が
 保存される事は、ありません。

不要なデータ削除 注意すべきこと

1、ファイル削除の注意点
 トラブルになるか?判断できないファイル・フォルダーは
 削除しないでください。

 システムファイル(Windows OS)等の重要なファイルや
 フォルダーの削除及び別ドライブへの移動は、
 Windowsが起動できなくなる場合がります。

2、ファイル削除の準備と確認
 ●準備
  バックアップ(コピー)するなど安全を確保する。
 ●削除の可否確認
  ファイル名称、インストールや更新。日付などから
  削除の確認を行う。

3、不要メールの削除
 不要なメールは、溜め込まないで削除しましょう。

 迷惑メールやメールマガジン、メーリングリスト宛てに
 大量に送られるメールは、1個毎のデータサイズは、
 それほど大きくなくても大量にため込むと
 メールソフトが動かなくなる事があります。

対象 Windows OS

Windows11、Windows10、Windows 8.1/8、Windows 7

ご注意>
●古いWindows OSについては、別途、ご相談ください。

●MACパソコン、スマホ、タブレット等は、
 修理を受付けていません。

パソコン修理 メーカー別実績

自作及びBTOパソコン:修理を受付け。

NEC・日本電気・Valuestar・Lavie
富士通・FUJITSU・FMV-DESKPOWER・FMV-BIBLO
東芝・TOSHIBA・dynabook・Qosmio |レノボ・lenovo
デル・DELL・Inspiron |ヒューレットパッカード・HP
パナソニック・Panasonic・レッツノート・Let's note
ソニーバイオ・SONY VAIO |その他、各メーカー


会社概要  サイトマップ  相互リンク

修理業者選びのコツ  ワンストップサポート

社名・商標の由来  プライバシーポリシー

特定商取引に関する表示  ウルトラマラソン

ホームページ制作  奄美群島一周 ウルトラマラソン

感謝