データを消去するパソコン廃棄

029-878-3953 パソコン修理 pcQ援隊

ホーム データを消去するパソコン廃棄

データが消えた、削除した等、データトラブルで困っている。 対象メディア:ハードディスク(HDD)・SSD・メモリーカード・USBメモリー

データを消去するパソコン廃棄は、こだわりの技術 pcQ援隊

データを消去するパソコン廃棄 茨城県 データを消去するパソコン廃棄 つくば市 データを消去するパソコン廃棄 土浦市 データを消去するパソコン廃棄 牛久市 データを消去するパソコン廃棄 龍ヶ崎市 データを消去するパソコン廃棄 稲敷市
データを消去するパソコン廃棄 取手市 データを消去するパソコン廃棄 守谷市 データを消去するパソコン廃棄 つくばみらい市 データを消去するパソコン廃棄 常総市

  来年は、創業20周年になります。(since 2003年)

パソコン修理 パソコン修理に必要な物 マスコミ取材 プロフィール

データ復旧 パソコン初期化・リカバリ 液晶(LCD)修理 キーボード交換

ハードディスク交換 メモリー増設 パソコンが起動しない ウィルス駆除

パソコン重い ネット接続 データ移行 データバックアップ

パソコン廃棄 Cドライブ空き領域不足 パソコン販売 パソコン修理事例

パソコン修理・申込フロー パソコン修理費用 お客様の声 よくある問合せ

アクセスMAP 出張エリア

営業時間 AM 10:00〜11:30 PM 14:00〜18:00  パソコン修理 pcQ援隊(牛久店)

年末年始休み:30日〜4日

11月休み:17日、18日,19日

代表のメッセージ
前川 義一

 データを消去するパソコン廃棄を
 探して頂き、ありがとうございます。

 専門用語に頼らなくても理解できる、
 笑顔の会話でトラブルを解決し、
 お客様に喜んで頂ければ、幸いです。

データを消去するパソコン廃棄を予約する

ご注意
  予約が必要です。 予約無しの場合、不在があります。

メール問合せフォーム
 電話 029-878-3953(留守電:24時間受付)
 FAX 029-878-3956

依頼方法(3種類)

持込み:店舗(事務所)へ、持込む。
  場所:アクセスMAPを参照

出張訪問:自宅又は事務所へ訪問します。
  出張対象エリアを参照

宅急便送付:宅急便の利用が可能
   申込みフローを参照

pcQ援隊が、お客様から選ばれる理由

早くて(約3日程度)、安い(約半額)
  メーカー、量販店との比較です。

1、こだわりのパソコン修理技術
  パソコンの高速化が、お客様の好評価を得ています。

2、代表(前川 義一)の プロフィール に共感。

 ・1949年:鹿児島県 奄美大島に生まれる。
 ・2003年:ソニー株式会社(30年間勤務)を早期退職し
       pcQ援隊(運営会社 RURI株式会社)を創業。

3、マスコミ取材 に共感。

 ・新聞、雑誌、テレビ等、多数のマスコミが取材。
 マスコミ取材

パソコン廃棄(リサイクル)の注意点

パソコン廃棄

資源有効利用促進法により、
メーカー(自主回収)は、パソコンの
リサイクルを、義務付けられました。

家庭用:平成13年(2001年)10月〜
事業用:平成15年(2003年)10月〜

この法律によって
自治体は、パソコンを回収・処分しなくなりました。

法律に基づく、各自治体の対応は、異なります。
不燃物・粗大ゴミとして出せるか?
確認が必要です。

リサイクル対象品目

●デスクトップパソコン、
●ノートパソコン、
●液晶ディスプレイ、
●一体型パソコン

リサイクル対象外品目

●プリンター
●キーボード
●マウス
●周辺機器

データ(個人情報)の危険

パソコン廃棄時の重要な課題
 パソコンのデータ(個人情報)消去です。

データ消去をしない、パソコン廃棄は、
個人情報データが予期しない用途に、
利用される可能性があります。

大量のパソコンから集めた、個人情報等が
販売用の顧客名簿リスト等に利用される
可能性は、否定できません。

データが保存されている場所

ハードディスク(HDD)、SSD等の記憶装置に、
個人情報等のデータが保存されています。

データ消去

パソコン内のメモリーやマザーボード等に
個人情報が保存されることはありません

データ消去の難しさ

個人情報データを消去する作業は、
思うほどに、簡単ではありません。

データ消去したつもり?

次の操作を行っても、データ記録領域の
データは、消去されません。

・データを「ごみ箱」に捨てる
・「削除」操作を行う
・「ごみ箱を空にする」
・ハードディスク(HDD)を初期化する。

消えたデータが復旧できる!

消えたはずのデータは、通常の操作では、見えません。

しかし、データ復旧を目的とする専用ソフト及び
熟練した技術・ノウハウで作業すると
消去したデータが復旧できます。

データ消去方法

データの消去方法として
次の3通りがあります。

専用ソフトで消去する。
ハードディスク(HDD)、SSDに無意味なデータを
上書きする方法です。

上書きするデータのパターンや書き込み回数により
様々な方式があります。

この方法の特長は、専用ソフトを購入すれば
ユーザー自身でできる事です。

専用装置で磁気的に破壊する。
ハードディスク(HDD)の記録媒体を
強磁気で消磁するものです。

磁気消去されたハードディスク(HDD)は
再利用することができません。

消磁装置は高価な機械で消去サービスを提供している
会社が保有しています。

物理的に破壊する。
ハードディスク(HDD)、SSDを物理に破壊して、
データ復旧を不可能にする方法です。

データ消去でありませんが、
物理的に破壊することで、データ読込みを
不可能にします。

HDDをハンマーなどで叩いて破壊するのは、
怪我をする危険性があります。お止めください。


会社概要  サイトマップ  相互リンク

修理業者選びのコツ  ワンストップサポート

社名・商標の由来  プライバシーポリシー

特定商取引に関する表示  ウルトラマラソン

ホームページ制作  奄美群島一周 ウルトラマラソン

感謝